【SEO業者に頼らない】お仕事としてのSEO対策を受けるリスクについて

投稿者:
しろくまSEOのキャラクラー画像

こんにちは。
SEOコンサルタントをしている、しろくまSEOの「白くま」です。

私は平日は東京にあるWeb制作で正社員として働いていまして、Web制作の一環としてクライアントサイトに対してSEO施策を行っています。

このサイトに訪れる方の中には、企業で自社サイトの運用をしている方、フリーランスで案件としてSEO施策の依頼を受けたい方など、SEO対策に少なからず興味を持っている方が多いと思います。
今回はお仕事としてのSEO対策についてのお話をしたいと思います。

 

お仕事・業務としてのSEO対策について

たとえば、「例:商品名」「例:化粧水 潤い」等のキーワードで「このサイトの検索順位を上げて欲しい」など、クライアントから依頼内容が決められた状況にコミットするケースであれば、キーワードの上位表示が可能か不可能かを調べ依頼を受けるかを判断するだけなので非常に気楽に挑めます。

逆に集客施策の一環としてオーガニック検索(Google検索など自身で検索してサイトに訪れたユーザ)を増やしたい、といった時にクライアントサイドでキーワードが決まっていないケースの時は、他人の赤ちゃんを扱うように慎重に慎重に提案を行う必要があります。

なぜなら、こちらでキーワードを提案・確定を行なった場合に、
順位を上げること以外にもう1つの重い責任がこちら側にのしかかるからです。

それはキーワードの順位が上がった場合に、「順位が上がった事によっての効果の証明」です。
要は売上は伸びたのか、客の質は向上したのか、相対的にどのような効果があったのかなど、
SEO施策自体への「結果」が明確に求められます。
そこを説明・開示できない場合、詐欺師のような扱いを受けます。

一般的にSEO業者が嫌われている理由の一つですが、
SEO施策に対しての売上への貢献を切り離して話す傾向があり、「うちは順位を上げるまでが仕事なんで」的なスタンスを崩すことがないので、困っている時に突き放された感じがして印象が悪くなります。
もちろん彼らの主張も理解できますが、上がりやすいキーワードを提示して売上は知りませんは流石にお金をもらっていいレベルでは無いと思いますし、自分がその担当のような態度を取るのは精神的に辛いので避けたいです。

当たり前ですがキーワードの順位が上がりきらなかった場合は、「会社レベルでの信頼の低下」を招くので、
こちらは単純に仕事できない会社・担当者認定をされてしまいます。
SEO施策には大体月々15万 – 30万ほど費用をかけるので、それで成果がないでは許されません。
仮にサイトの保守運用を任されている場合、完全に切られる可能性も出てしまいます。

通常、制作会社では内部施策を行うことはあっても、検索順位のレポートやら施策提案はSEO業者に委託する
ケースが多いので、外れの業者を選んでしまったらクライアントとの繋がりが完全になくなることもあり、
依頼を受ける際は昔は結構悩んでいました。
また受けた後も自身では何もできないので、「上がってくださーーい!」と念じながら結構ストレスを感じることも多かったです。

つまりSEO施策をお仕事として受ける際は、常にリスクと隣り合わせに向き合う必要があるという事になります。


依頼として初めてSEO施策を行う場合

フリーランスや社内業務としてSEO施策を依頼として受ける場合気をつけておいたほうが良い項目を、
3つにまとめました。

・キーワードはクライアント側に選ばせる
・期間は1年確保
・目標順位は段階的に提示

項目
  ・キーワードはある程度クライアント側に選択してもらう
  ・期間は1年確保
  ・目標順位は段階的に提示

少しかっこ悪いですが、これくらいの安全策はとっていたほうが良いと思います。
それくらい他人の土俵(Googleエンジン)でお金をもらうことは恐ろしい事だなのです。

企業サイトのSEO対策を受ける際の注意点

個人サイトや小規模サイトでノウハウを貯めた方が、クライアントワークとしてSEO施策を受注した際に陥りやすい問題をまとめてみました。

テキストを最適に変更できないケースが多い

最も大きな違いはサイトをほとんどいじれないケースがある事です。
要は表示しているテキストや画像をさわれないケースが非常に多いです。

また、サイトが大規模な為、h1タグの位置を変更する、レイアウトを変更するなどの作業が簡単には行えません。それこそ簡単な更新だけで費用が何10万とかかかってしまうので、いちいち提案を行い対応を繰り返すので、時間がとにかくかかる上に、効果的な作業を実現できないケースが多くあります。

ページを増やせないケースが多い

コンテンツSEOをするにも必要なページを増やすことも簡単にはできず、サイト内で意味のあるコンテンツとして上司の承認をもらっての追加が必要なので、ストーリー含め企画から提案を行う必要があります。
これがものすごく大変でスケジュールをひく際には想定の1.5倍くらいをみておきましょう。

結果をとにかく急かされる

おそらく圏外のワードを検索結果の1ページ目に持ってくるには、最低でも6ヶ月はかかります。
また、1ページ目に入ったところで依頼主は納得はしてくれません。
入った当月は喜んでも、次の週にはまだ3位にも入れないの?なんて事を何度も言われてしまいますし、順にが下がるものなら費用を下げる話をすぐにでも持ってきてはプレッシャーを与えてきます。

まとめに

私はこれまで50社以上の企業のSEO対策を担当してきた事もあり、
初回の会議中に実施期間と順位をある程度提示できるレベルにはなりました。
それだけにSEO対策については経験が最も重要だと確実に言えます。

不安だとは思いますが、実際に1度でも経験することで自信と経験が身につくので、恥をかく可能性もありますが、リスクを抑えつつ勇気を持って自分で実際に運用することは経験してみる必要があります。
初めはSEO業者に委託しつつ、ノウハウを学び自信がついたら自分で運用を始めれば良いと思います。
私は業者の動きを見ていて「これなら自分でできるかも」と単純に思ったことがきっかけとなって、現在SEOコンサルタントとしても活動を行なっています。