【本物?偽物?】Smart Buy Glasses(スマートバイグラス)で購入した眼鏡をプロに診断してもらった

TOM FORDロゴ

どうも「ホワイトくま」です。
今回は先日購入したSmart Buy Glasses(スマートバイグラス) で購入した眼鏡が本物かどうかを眼鏡屋さんに持って行って診断してもらいました。

ホワイトくま
ホワイトくま

先日届いたTOMFORDの眼鏡が本物かどうか気になってしょうがない・・・・・・。

前回の記事はこちら、

一応公式サイトでは、「本物保証」と大々的に打ち出しています。
ただ、当人に言われても感は否めません。。。

本物保証ページ Smart Buy Glasses(スマートバイグラス)
https://www.smartbuyglasses.jp/c/authenticity

半額以下で購入はしましたが、本物なのかどうかは気になるので、
正直恥ずかしかったですが自宅近くの眼鏡屋さんに行って聞いてみました。

Smart Buy Gasses(スマートバイグラス) で購入したメガネを眼鏡屋さんに持ち込んで聞いてみた

50歳くらいのベテラン店員にまずは新品のママだったので、テンプルの箇所を調整してもらいズレないように曲げてもらいました。

その後に少し恥ずかしいですが「こちらって本物のTOMFORDですかね?」と質問をしてみました。

なんと店員さん本物のTOMFORDの眼鏡を持ってきてくれて、並べて解説をしてくれました☺️

診断ポイント① テンプルのメタルプレート

これは聞いても何を言っているかわかりませんでしたが、
要はこのGOLDのプレート箇所の作りが甘いかどうかで偽物がわかるケースがあるようです。偽物は接着の仕方が甘かったり、汚れていたり、ロゴが均一になっていなかったりするようです。

smart buy glass(スマートバイグラス)で購入したTOMFORD テンプルのメタルプレート
テンプルのメタルプレート箇所

診断ポイント② 丁番(ヒンジ)の作り

メガネの部位説明
引用:https://www.paris-miki.co.jp/knowledge/glasses/parts/

こちらはより専門的なのでよりわかりませんでしたが、
どうやらTOMFORDの丁番(ヒンジ)については、作りが特殊な構造なようで、例えばこれを曲げてしまったら今回お持ちした眼鏡屋さんでは直せないと言われました。これをわざわざ偽物業者が採用する手間をかけるか?
と考えたときにおじさん的にはまず行わないと話していました。

結論:本物だと思うよ!!

smartbuyglass(スマートバイグラス)で購入したTom Ford眼鏡
商品名:Tom Ford FT5401

結果今回届いたTOMFORDの眼鏡についてはおそらく本物だということのようです。そもそもおじさん的には使っている素材や細かな細工をみたら高いか安いかわかるのでそれは偽物だとしたらクオリティ高いよと言われました笑

なのでこのメガネを偽物と断定できる人間がそこまで多くないのであれば、
僕はこれを堂々とかけることができるので、それはもう本物と同じだと捉えています。

最後に

smartbuyglass(スマートバイグラス)に関して、個人的には非常に満足でしたので、興味がある方はこちらからチェックしてみてください。
それでは!

smartbuyglass(スマートバイグラス)
https://www.smartbuyglasses.jp/

【2021年2月】ideco(確定拠出年金)運用資産の結果報告・公開

どうも。「ホワイトくま」です。
今回は2021年2月現在のideco(個人型確定拠出年金)の運用実績の報告です。
こちら今後は毎月月初に結果報告・公開を予定しています。

正直、idecoに関しては力を入れ始めたのは2年前からなので、
利回りが低いのはコロナでの損益以上に僕の怠慢からくる結果だと考えています。通常に運用を行えば通期で利回り5%くらいにはなるのではないでしょうか。

30歳からようやく資産形成の重要さに気づき、真剣に取り組み始めた僕でもマイナスにはなっていないのでやはりidecoは通常に運用すれば保険や銀行貯金より資産を増やす意味で超優秀だと思います。

ホワイトクマのidecoの運用情報
運用期間:6年
現在の掛け金:月々1万円
利用している会社:野村證券

ideco(確定拠出年金)の資産状況(2021年02月段階)

2021年02月のideco運用実績の表
資産状況(2021年2月)

評価損益が90,740円となり、ようやく10万円の大台を超えそうです。
直近1年間は数値がかなり改善してきており、年利回り12.55%で推移しています。コロナの影響がようやくおさまったみたいです。

ideco商品別の時価評価額と実績状況(2021年02月段階)

商品別の時価評価額と実績状況(2021年02月段階)

商品別の時価総評価額は、国内・外国向け共に改善しており市場全体がそもそも上がり傾向にあるようです。

外国向けの商品の方が現在は優秀なので、そろそろ上がり幅の低い商品についてはスイッチングを検討もしたいと考えています。
特に「野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合」に関しては掛け金の割に利回りが低くコロナ後は下降が続いているので悩ましいところですね。。。

idecoの過去1年の残高推移(2021年02月現在)

idecoの過去1年の残高推移(2021年02月現在)
評価額のみの残高推移

一時期に比べるとかなり改善してきましたね。
正直こちらの表にはありませんが、2020年01月は+100,000円の評価損益だったので、コロナによって下がりきった数値がようやく元に戻ったといった印象です。

上記のマイナスの時期に関しては僕は専門家の「動くな」という意見を守り、一度もスイッチングなどは行わす、ただただ経過観測を続けました。
結果、運用益分は元に戻ったので下がった時期に1口を多く買えたことを考えると判断は間違っていなかったかと思っています。(個人の感想です)

一番予算をかけている「野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)」がようやく改善してきたのでここからの利回りの改善を祈りたいと思います。

それでは次回の3月運用実績の結果が出ましたら報告します。

関連の記事

【2021年3月】iDeCo/イデコ(確定拠出年金)運用資産の結果報告・公開