【ブランド眼鏡を半額以下で購入した話】smart buy glass(スマートバイグラス)でTOMFORD(トムフォード)を購入した結果

どうも「ホワイトくま」です。
今回はブランドメガネをsmart buy glass(スマートバイグラス)というサイトで格安(半額以下)で買った節約話です。

突然ですが顔が地味で服装が地味でさらに仕事ができない人間が、他人から少しでもよく見えるようにしたい場合、皆さんならどうしますか?

ホワイトくま
ホワイトくま

僕は単純に少し高い小物を一点だけ身につけてます

それの何が良いかというと、他に身に付けている物がどれだけ安いものでも、意図して選択したように勘違いしてくれる方が多いからです。
全身高価なもので固めるよりはこちらの方がコスパがいいと思うので、必ず全身のどこかにワンポイント身につけるようにしています。

特に眼鏡はおしゃれではなく、常備品として捉えてくれるので、
ワンポイントとして取り入れる事にハードルが低く物凄くおすすめです。

そこで今回はブランド品の眼鏡買うお話です。
まずは百貨店に行って1ヶ月ほど眼鏡を物色していました。
基本的に眼鏡に関しては試着せず購入することは不可能だと思います。

今回も店舗をハシゴしつつ100個くらい実際にかけてみて、なかなか良いものに出会えずに、最終的に6店舗目くらいにようやく1個、似合う眼鏡を発見する事ができました。

Tom Fordの眼鏡を購入

smartbuyglass(スマートバイグラス)で購入したTom Fordメガネ
商品名:Tom Ford FT5401

Tom Ford自体はもともと知っていて若干イケイケな感じであまり好きではなかったのですが、この眼鏡はほとんどの眼鏡が似合わない面長メンズの僕にはかなりハマりがよく、さらに下品でない程度に高級感があったので迷いなく購入を決意しました。

こちらのお値段ですが、

43,000円(税込)+レンズ代

高いけど必要経費かなと思いましたが、
ふと「メガネもネットで買えるのかな?」という疑問が湧いてきたので、
一応ネットで調べてみた所、異次元の価格で売っているサイトを発見しました。

smartbuyglass(スマートバイグラス)
https://www.smartbuyglasses.jp/

このsmart buy glass(スマートバイグラス)サイト、とにかくどのメガネも安く売っており、
金子眼鏡のような日本国内のブランドはありませんが、
Ray-Ban(レイバン)やTOMFORD(トムフォード)などの海外ブランドの眼鏡が、格安で販売されています。

これはめちゃ怪しい、、、、、
と思いながらも御目当ての商品を調べてみると。

17,127円(税込)レンズ代込み

安っっっっっっっ!
どうやら海外からの直売ということで安いらしいのですが、
もはやギャンブルする感覚でしか買えない胡散臭さ、
めちゃめちゃ悩みましたが最終的にsmart buy glass(スマートバイグラス)で購入を決断しました。

決断できた理由としては2点、

楽天にもショップを展開しており、
そちらと他サイトの口コミが概ね良かった点に加えて、
ネット上でエゴサーチをかなりしましたが到着が遅い事と、コミニケーションがとりずらい事くらいしか、悪い口コミが見つからなかった事。
ちなみに楽天ショップで買えば楽天ポイントなども使えて良いと思いますし、
本サイトで買うよりは楽天の審査を通っている分、対応も良いかも知れません

楽天ショップはこちら
https://item.rakuten.co.jp/smartbuyglasses/

もう一点は仕事柄WEBサイトの作りなどを調査したうえで、
詐欺サイトとしての作りになっていなかったことに加え、機能としてあった眼鏡のバーチャル装着機能が、あまりにもうまく作られており、開発に数百万円のこのツールを導入している会社が、偽物販売や詐欺サイトである可能性が低いと感じた為です。

バーチャルトライオンメガネツール
https://www.smartbuyglasses.jp/virtual-try-on

とはいえ確信が持てなかったので、
最後は泥舟に乗る気持ちでギャンブル買いをしました。

最終的にはブルーライトカット機能など若干良いレンズをオプションでつけて、
合計22,119円(税込)
で注文が完了。

martbuyglassからのメール内容
届いたメール内容

即座にsmartbuyglass(スマートバイグラス)から上記メールが届きました。(日本語で届いてホットしました)
レンズを買う場合は病院の処方箋を送る必要がありますので、
こちらは後日眼科に行って作ってもらいました。
視力検査を行って1,200円くらいでした。

そして注文完了して、
10日後に到着しまして開封。

smart buy glass(スマートバイグラス)で購入したTom Ford眼鏡
到着した商品
smart buy glass(スマートバイグラス)で購入したTom Ford眼鏡

※写真届いた時に撮影できていれば良かったんですが、
すでに1ヶ月経過して使い倒しての撮影です。

梱包は綺麗にされていて、
品物自体もすごく綺麗で怪しいところは無し。
この他にメガネ拭きが2枚と、
ブランド側のタグとか説明書とかが入ってました。
心配していた眼鏡をかけての視覚ですが、私は完璧に合っていました。
これにはかなりホッとしました。

smart buy glass(スマートバイグラス)で購入した後に気づいた点

・関税がかかる
届いた際に関税で2,100円取られました。
うっかり個人輸入であることを忘れていました。

・眼鏡のテンプルが調整されていない
これは単純の通常の眼鏡屋さんと異なり、
調整前のフレームが届くので、後日眼鏡屋さんに自分の顔に合わせ曲げてもらいました。
こちらはどの眼鏡屋さんでも行っていただけるようで基本無料でした。

最後に

メガネについて一応メガネ屋さんに確認をしたのですが、
「細かなパーツの作りや丁番の構造がすごく複雑に作られているので本物だと思いますよー。」
といった回答をもらいました。詳細は下記の記事にて紹介しています。

個人的には品物には満足しています。
プロが見て「本物かも?」ということであれば、
半額以下で買えて非常に満足できる買い物になりました。

レンズも高いもの入れて以前より快適な状態ですし、
個人の主観ですが眼鏡屋さんでの検査よりも、
病院でより細かい検査をして出来上がった眼鏡のレンズは、
これまでよりも格段に疲れない感覚で非常に満足度が高かったです。

次回もこちらで購入しようと思います。

30代はどれだけ貯金(資産)を持ってたら良いの?目標額を考えてみた

こんにちは、「ホワイトくま」です。

30代の皆さんはどれくらい貯金をしているでしょうか?
僕は30歳の時はちょうど100万円の貯金しかなく、
将来に不安を抱えていました。

ホワイトくまのスペック
・既婚 ・子供1人(2歳)
・年収550万円
・妻の年収250万円(時短勤務)
・自宅マンション(所有 30歳で購入)

30代はお金のかかるイベントが多く、仕事面では収入が増え選択肢が増える中で、何にどれくらい費用をかけるか、抑えるかの選択を繰り返し迫られる年代ではないでしょうか。

30代に予想されるイベント
・結婚
・出産
・育児
・子供の学費
・健康・医療
・住宅・土地
・車・自転車 関連

などなど全員がすべての項目を行うわけではないですが、
100万円単位の費用が発生するイベントが目白押しです。

特にお子さま関連の項目は常にお金がかかるので、比較的お金のかからない幼少期にいかに貯金をしていくかが重要になってきます。

そこで、今回は30代のお金事情について、世の中の30代の平均貯金・資産などを参考に、自身の立ち位置と今後の貯金生活のイメージを具体的にするためのお話をまとめてみました。

30歳で貯金はどれくらい必要? 目標の貯金額

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」(参考:https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/yoron/futari/2019/)によると、30代の金融資産保有額は下記になります。

30代の金融資産保有額
独身【平均】359万円(預貯金のみの平均額は266万円)
既婚【平均】529万円(預貯金のみの平均額は322万円)
※預金以外の数値は証券や保険などの保有資産

金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果より

どんな金融資産を保有しているのか

30歳代の金融資産の内訳はこちらです。
全ての年代で約50%が預貯金で資産を保有していますが、

金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果より

単身世帯の保有資産の多い順
預貯金→株式→投資信託→生命保険→個人年金保険→財形貯蓄

2人以上世帯の保有資産の多い順
預貯金→生命保険→株式→個人年金保険→財形貯蓄→投資信託

1人単位での資産については2人以上世帯より単身世帯の方が資産額は多いようですが、おそらく二人以上世帯の方はお金を使用するイベントをすでに消化していることが影響しており、独身の方もパートナーができたタイミングで、
遅かれ早かれ貯金を削るイベントが訪れるので、そちらが後になるか先になるかのお話かと思います。

30代の基準となる貯金目標額の計算式を勝手に作ってみた

貯金するにあたり目標額を決めたい方は多いと思います。
私も目標なき貯金を続けていましたが、ダイエットと一緒で目標が無いとなかなか続ける事ができません。
しかも世の中に溢れている平均貯金額の数字は高すぎて参考にならず、目標立てる前に貯金プロジェクトが破綻する事も多いとお思います。

今回は年収や家族構成によっても大きく変化しますが、
30代で貯めておきたい貯金の目安を作成したく個人的に設定してみました。


単身世帯
「年齢×17万円」

2人以上世帯
「年齢×17万円*1.5」


※上記は30代のみに適応した計算式です。

前提として貯金額は「世の中の平均資産持っていれば安心」という訳ではなく、
あくまでも平均より低い人はまず平均を目指そうという話です。

40代になった時に1000万の貯金があるように組んでいますので、
そこは各々無理のない計算式を作りましょう。

2人以上世帯に関しては奥さんの時短勤務がほとんどの時期で、
おそらく全盛期の0.6程度に給料が落ちますので、
そちらを考慮した数値になっています。

こちらは達成していれば良いものではなく、
どこかでまとまったお金を必要とすることが予想されていれば、
その分貯金のペースを上振れで増やしておくなどの工夫をしてください。
なので私の運用方針としては、2年連続での下振れをしないように運用することがオススメです。

最後に

前提として貯金額は「世の中の平均貯金・資産くらい持っていれば安心」という訳ではなく、
あくまでも平均より低い人はまず平均を目指そうという話なので、各々無理のない計算式を作り運用してみてはいかがでしょうか。