SEO対策

当ブログで扱っているSEO対策関連の記事を紹介します。

【解決済み】Google アナリティクスでIPアドレスでの除外ができなくて困った話

こんにちは。
しろくまSEOの「ホワイトくま」です。

今回はGoogle アナリティクスのフィルタ機能を使って自分のアクセスを計測しないように設定する、
除外設定がうまくいかなくて困った話をしたいと思います。

ブログを始めた時に一つでも思い通りにならないと一気にやる気なくなってしまいますよねー、
今回は同じことでお悩みの方に少しでも役立てばと思い記事にしました。

 

一般的なGoogleアナリティクスのIP除外設定がうまくいかない

今回、はじめに一般的な設定方法でフィルタの設定をしてました。
※下記のサイトを参考にください

不要なトラフィックを除外! GAで必ず最初に行っておきたい「フィルタ」設定[第7回] | 衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座 | Web担当者Forum
参照:https://webtan.impress.co.jp/e/2016/07/07/23222

私も平日はWEB制作会社で働いているのでGoogle Analyticsのフィルタ機能自体はよく使いますので、
これまで上記の方法で自社のIPやクライアントのIPを登録してうまくいっていましたが、
今回はなぜか一向に除外が反映されないのです。

Googleアナリティクスのフィルタ機能がうまくいかない!
何度やってもアクセスが計測されてしまう。。。

解決方法:GoogleアナリティクスでIPアドレス設定をIPv4→IPv6に変更

結論から話すと「IPv4」での設定を、「IPv6」に変更することによって解決しました。

ほとんどの方は、IPアドレスといえば、(000.000.000.000)のように数字だけの4ブロック構成の数字をイメージすると思いますがそちらがIPv4 アドレスです。
IPv6アドレスは「0003:20:231e0:43s1:9867:293e:9424:83hf」のように、英語と数字で構成されたIPアドレスを128ビットのデータとして表現です。

Google アナリティクスのフィルタ設定方法

フィルタ名
自分でわかりやすいように命名!

フィルタの種類
フィルタの種類を選択」で「除外」を選択!
参照元かリンク先を選択します」は「IPアドレスからのトラフィック」を選択!
式を選択します」は「前方が一致」を選択!

IPアドレス
IPアドレスを入力する項目に上記で確認したIPv6アドレスの前4BOXを入力しよう!

IPv6アドレスが「0003:20:231e0:43s1:9867:293e:9424:83hf」だった場合
「0003:20:231e0:43s1」を入力、
IPv6アドレスは4ブロック以降はアクセス毎に変動するため、
前方一致で4ブロックまでを設定します。

全ての入力が完了したら「保存」ボタンをクリックし完了!

これで実際反映されているかをGoogle アナリティクスのリアルタイムで、
チェックしアクセスしても計測されなければ設定は成功となります。

最後に

こちらで実際に計測されていないことが確認できました。

Google Analyticsのフィルタ機能がうまくいった!
アクセスが計測されなくなり設定完了!

皆さんもサイトの解析を行うにあたって結構重要な設定なので、通常方法でうまくいかない場合はお試しください。

それでは。

【2021年版 WordPress利用可能】 月額1,000円以下でおすすめ格安レンタルサーバ3選

こんにちは。「ホワイトくま」です。

ブログをはじめようとした時に一番最初につまずいてしまうポイントがサーバ選びだと思います。
月額費用が高いと広告収入での返済が可能か不安になりますし、ドメイン設定やWordPress設定が難しいと「自分には無理だわ!」と諦めてしまう方も多いと思います。

今回の記事は次のような人におすすめ!
副業・収益化目的でブログを始めたい
WordPressブログを作りたい
・ただし初期コストは抑えたい

ブログ開設時に死ぬほど迷うレンタルサーバの選び方

ちなみに僕も3回ほどサーバ選びでモチベーション落として、ブログ作成を諦めたことがあります。。。

今回は初心者でも初期設定が簡単なサービスのみを選定してみようと思います。
※こちらは2021年1月段階での情報です

 

今回のレンタルサーバの選定条件

01.基本料金が無料
02.月額費用が1000円以下
03.無料SSLが利用できる
04.WordPressの利用が可能
05.WordPressの簡単インストールのサービスがある
06.ドメインの紐付けが簡単

上記を基準としまして、おすすめのサーバを選んでみました。
また個人的にこれまでお仕事で使用した中で、良かった会社を選んでいます。
逆にお仕事時に嫌なイメージのある会社は選外にしていますので、もっとやす会社あるぞ!と思う方は、
個人的な経験値でセグメントしていることをご理解ください。


おすすめレンタルサーバ①「ロリポップサーバー」

評価:★★★★☆

ロリポップサーバー_画像

https://lolipop.jp/

1つ目のおすすめはロリポップのサーバです。
ネタバレではありますが、私は現在こちらの「スタンダード」プランで契約しています。

項目 サービス
01.初期費用が無料
02.月額費用が1000円以下
03.無料SSLが利用できる
04.WordPressの利用が可能
05.WordPressの簡単インストールのサービスがある
06.ドメインの紐付けが簡単

上記の全ての条件を満たしており、費用が安くGMO関連の会社なので安心感も多少あります。
選択肢としては「ライト(月額250円)」と「スタンダード(月額500円)」が初期はおすすめで、サイトのボリュームに合わせてアップデートを行っても良いのではないでしょうか。
初期のブログ運用時はこちらで十分ですが、2サイト以上の運用を考えている場合、ライト版では不可になっているので、スタンダードを利用しましょう。

WordPressの簡単インストールを初めて使ったんですが、ものすごい楽ですね。
格納先指定したらワンクリックで設置でできてびっくりしました。
私はサーバ周り若干苦手なんですが、契約からサイト公開までに40分かからなかったです。
全プラン10日間は無料なのでその間に使い勝手判断しても良いと思います。

ドメイン連携は初心者の方には少々大変な作業なので、個人的には同一管理で設定が楽なことを考えると同じ会社は運用している「ムームードメイン」での取得をおすすめします。
初回契約時はお名前.comより安いサイトはあまりないですが2年目以降は同程度の料金になるようです。

サーバのおすすめ
ロリポップサーバー

ドメインサイトのおすすめ
ムームードメイン

値段を重視する場合は
お名前.com



おすすめレンタルサーバ②「さくらインターネットサーバー」

評価:★★★★☆

さくらインターネットサーバのおすすめ

https://www.sakura.ne.jp/

2つ目のおすすめは「さくらインターネット」のサーバです。
日本で最も有名なサーバ会社ではないでしょうか。

項目 サービス
01.初期費用が無料 ×
02.月額費用が1000円以下
03.無料SSLが利用できる
04.WordPressの利用が可能
05.WordPressの簡単インストールのサービスがある
06.ドメインの紐付けが簡単

上記の条件を「初期費用(1,048円)」以外満たしており、費用が安く上場企業なので安心感もあります。
選択肢としては「スタンダード(月額524円税込)」が初期はおすすめです。
初期のブログ運用時はこちらで十分だと思います。

SAKURAの最も強いところは多様なところです。
ドメインやSSL等も他会社のものを簡単に使用でき、サポートも手厚い印象です。
困ったら電話で解決が結構当たり前にできる会社です。
また、利用者が多いのでググれば大体のことがわかるので、サーバ設定などでつまずいた時にはおすすめです。

こちらもドメイン連携は同一管理で設定が楽なことを考えると同じ会社は運用している「さくらのドメイン」での取得をおすすめします。
初回契約時はお名前.comより安いサイトはあまりないですが2年目以降は同程度の料金になるようです。

サーバのおすすめ
さくらインターネットサーバー

ドメインサイトのおすすめ
さくらのドメイン

おすすめレンタルサーバ③「XSERVER エックスサーバー」

評価:★★★★★

https://www.xserver.ne.jp/

最後のおすすめはエックスサーバーです。

項目 サービス
01.初期費用が無料 ×
02.月額費用が1000円以下
03.無料SSLが利用できる
04.WordPressの利用が可能
05.WordPressの簡単インストールのサービスがある
06.ドメインの紐付けが簡単

上記の全ての条件では初期費用:3,000円と、月額1,000円(+キャッシュレス還元)には12ヶ月の契約が条件なので価格面では他2社に劣りますが、スペックがダントツで高いです。少し多めにお金を出して良いよという方にオススメ。

私も会社での業務ではよく使用していて、他社にどのサーバ使ったほうが用意か聞かれれば真っ先にこちらをおすすめしています。

まずはディスクスペース(SSD)、CPUがハイスペックなので、ブラウザ表示がめちゃ早いです。
ロリポップだとここは結構遅いので、処理が早いサーバはやはり魅力的です。
スマホでの表示が中心の昨今では結構サイトの評価に影響はあると思います。
稼働率99.99%以上なのもクライアント案件として使うときは◎。

あと本当はダメなんですが、サーバの更新期限を10日間(経験上の数値)ほど過ぎてもすぐにはサーバをクローズせず、払い忘れがあった時に遅れて支払いをしても許してくれるサーバです。
さくらインターネットは即座に凍結してしまいます。笑

全プラン10日間は無料なのでその間に使い勝手判断しても良いと思います。

サーバのおすすめ
XSERVER

ドメインサイトのおすすめ(サーバ契約で無料)
XSERVERのキャンペーンを利用

最後に

サーバについて他にも色々とありますが、私の経験上のおすすめはこの3社でしょうか。
まずは続けるのに無理がないことを前提ですが、安すぎるとサービスが悪く、初心者は設定の段階で自分ではできなくなってブログを始める前に挫折することも多いと聞きますので、安心を買う意味でも費用はうまく抑えてサーバを選択してください。

それでは。