30代の貯金と資産

【2021年2月】ideco(確定拠出年金)運用資産の結果報告・公開

どうも。「ホワイトくま」です。
今回は2021年2月現在のideco(個人型確定拠出年金)の運用実績の報告です。
こちら今後は毎月月初に結果報告・公開を予定しています。

正直、idecoに関しては力を入れ始めたのは2年前からなので、
利回りが低いのはコロナでの損益以上に僕の怠慢からくる結果だと考えています。通常に運用を行えば通期で利回り5%くらいにはなるのではないでしょうか。

30歳からようやく資産形成の重要さに気づき、真剣に取り組み始めた僕でもマイナスにはなっていないのでやはりidecoは通常に運用すれば保険や銀行貯金より資産を増やす意味で超優秀だと思います。

ホワイトクマのidecoの運用情報
運用期間:6年
現在の掛け金:月々1万円
利用している会社:野村證券

ideco(確定拠出年金)の資産状況(2021年02月段階)

2021年02月のideco運用実績の表
資産状況(2021年2月)

評価損益が90,740円となり、ようやく10万円の大台を超えそうです。
直近1年間は数値がかなり改善してきており、年利回り12.55%で推移しています。コロナの影響がようやくおさまったみたいです。

ideco商品別の時価評価額と実績状況(2021年02月段階)

商品別の時価評価額と実績状況(2021年02月段階)

商品別の時価総評価額は、国内・外国向け共に改善しており市場全体がそもそも上がり傾向にあるようです。

外国向けの商品の方が現在は優秀なので、そろそろ上がり幅の低い商品についてはスイッチングを検討もしたいと考えています。
特に「野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合」に関しては掛け金の割に利回りが低くコロナ後は下降が続いているので悩ましいところですね。。。

idecoの過去1年の残高推移(2021年02月現在)

idecoの過去1年の残高推移(2021年02月現在)
評価額のみの残高推移

一時期に比べるとかなり改善してきましたね。
正直こちらの表にはありませんが、2020年01月は+100,000円の評価損益だったので、コロナによって下がりきった数値がようやく元に戻ったといった印象です。

上記のマイナスの時期に関しては僕は専門家の「動くな」という意見を守り、一度もスイッチングなどは行わす、ただただ経過観測を続けました。
結果、運用益分は元に戻ったので下がった時期に1口を多く買えたことを考えると判断は間違っていなかったかと思っています。(個人の感想です)

一番予算をかけている「野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)」がようやく改善してきたのでここからの利回りの改善を祈りたいと思います。

それでは次回の3月運用実績の結果が出ましたら報告します。

30代はどれだけ貯金(資産)を持ってたら良いの?目標額を考えてみた

こんにちは、「ホワイトくま」です。

30代の皆さんはどれくらい貯金をしているでしょうか?
僕は30歳の時はちょうど100万円の貯金しかなく、
将来に不安を抱えていました。

ホワイトくまのスペック
・既婚 ・子供1人(2歳)
・年収550万円
・妻の年収250万円(時短勤務)
・自宅マンション(所有 30歳で購入)

30代はお金のかかるイベントが多く、仕事面では収入が増え選択肢が増える中で、何にどれくらい費用をかけるか、抑えるかの選択を繰り返し迫られる年代ではないでしょうか。

30代に予想されるイベント
・結婚
・出産
・育児
・子供の学費
・健康・医療
・住宅・土地
・車・自転車 関連

などなど全員がすべての項目を行うわけではないですが、
100万円単位の費用が発生するイベントが目白押しです。

特にお子さま関連の項目は常にお金がかかるので、比較的お金のかからない幼少期にいかに貯金をしていくかが重要になってきます。

そこで、今回は30代のお金事情について、世の中の30代の平均貯金・資産などを参考に、自身の立ち位置と今後の貯金生活のイメージを具体的にするためのお話をまとめてみました。

30歳で貯金はどれくらい必要? 目標の貯金額

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」(参考:https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/yoron/futari/2019/)によると、30代の金融資産保有額は下記になります。

30代の金融資産保有額
独身【平均】359万円(預貯金のみの平均額は266万円)
既婚【平均】529万円(預貯金のみの平均額は322万円)
※預金以外の数値は証券や保険などの保有資産

金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果より

どんな金融資産を保有しているのか

30歳代の金融資産の内訳はこちらです。
全ての年代で約50%が預貯金で資産を保有していますが、

金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果より

単身世帯の保有資産の多い順
預貯金→株式→投資信託→生命保険→個人年金保険→財形貯蓄

2人以上世帯の保有資産の多い順
預貯金→生命保険→株式→個人年金保険→財形貯蓄→投資信託

1人単位での資産については2人以上世帯より単身世帯の方が資産額は多いようですが、おそらく二人以上世帯の方はお金を使用するイベントをすでに消化していることが影響しており、独身の方もパートナーができたタイミングで、
遅かれ早かれ貯金を削るイベントが訪れるので、そちらが後になるか先になるかのお話かと思います。

30代の基準となる貯金目標額の計算式を勝手に作ってみた

貯金するにあたり目標額を決めたい方は多いと思います。
私も目標なき貯金を続けていましたが、ダイエットと一緒で目標が無いとなかなか続ける事ができません。
しかも世の中に溢れている平均貯金額の数字は高すぎて参考にならず、目標立てる前に貯金プロジェクトが破綻する事も多いとお思います。

今回は年収や家族構成によっても大きく変化しますが、
30代で貯めておきたい貯金の目安を作成したく個人的に設定してみました。


単身世帯
「年齢×17万円」

2人以上世帯
「年齢×17万円*1.5」


※上記は30代のみに適応した計算式です。

前提として貯金額は「世の中の平均資産持っていれば安心」という訳ではなく、
あくまでも平均より低い人はまず平均を目指そうという話です。

40代になった時に1000万の貯金があるように組んでいますので、
そこは各々無理のない計算式を作りましょう。

2人以上世帯に関しては奥さんの時短勤務がほとんどの時期で、
おそらく全盛期の0.6程度に給料が落ちますので、
そちらを考慮した数値になっています。

こちらは達成していれば良いものではなく、
どこかでまとまったお金を必要とすることが予想されていれば、
その分貯金のペースを上振れで増やしておくなどの工夫をしてください。
なので私の運用方針としては、2年連続での下振れをしないように運用することがオススメです。

最後に

前提として貯金額は「世の中の平均貯金・資産くらい持っていれば安心」という訳ではなく、
あくまでも平均より低い人はまず平均を目指そうという話なので、各々無理のない計算式を作り運用してみてはいかがでしょうか。